1. 桐井製作所トップ
  2. 製品紹介
  3. 溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯 概要 JIS G 3321-2010

製品紹介

「JIS G 3321-2010 溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯 概要」



1.適用範囲

この規格は、質量分率で約55%アルミニウム、1.6%けい素、残部亜鉛を標準組成とするめっき浴において、溶融めっきを行った鋼板及び 鋼帯(以下、板及びコイルという。)について規定する。

2.種類及び記号

板及びコイルの種類は、熱間圧延原板(以下、熱延原板という。)を用いた5種類、冷間圧延原板(以下、冷延原板という。)を用いた6 種類とし、その記号は、表1及び表2による。

表1 種類及び記号(熱延原板を用いた場合)

単位:mm

種類の記号 表示の厚さ 適 用
SGLHC 1.6以上 2.3以下 一般用
SGLH400
SGLH440
SGLH490
SGLH540
1.6以上 2.3以下 高強度一般用

表2 種類及び記号(冷延原板を用いた場合)

単位:mm

種類の記号 表示の厚さ 適 用
SGLCC 0.25以上 2.3以下 一般用
SGLCD 0.40以上 1.6以下 絞り用
SGLCDD 深絞り用
SGLC400・SGLC440
SGLC490
0.25以上 2.3以下 高強度一般用
SGLC570 0.25以上 2.0以下

3.種類及び記号

両面等厚めっきの両面最小付着量及び付着量表示記号は、次による。

  1. 1.板及びコイルの両面等厚めっきの付着量は、両面の付着量によって表し、そのめっき最小付着量及び付着量表示記 号は表3による。

表3 両面等厚めっきの最小付着度(両面の合計)

単位:g/m2

めっきの付着量表示記号 3点平均付着量 1点最小付着量
AZ90 90 76
AZ120 120 102
AZ150 150 130
AZ170 170 145

4.寸法許容差

両面等厚めっきの両面最小付着量及び付着量表示記号は、次による。

  1. 1.製品厚さの許容差は、表示厚さを少数点以下3けたで運用したものに、表6の相当めっき厚さを加えた数値に適用す る。
  2. 2.製品厚さの許容差は、表4、表5による。
  3. 3.厚さの測定箇所は、側縁から25mm以上内側の任意の点とする。

5.質量及びその許容差

  1. 1.板の質量は、通常計算質量によってキログラムで表す。
  2. 2.コイルの質量は、実測質量又は計算質量によってキログラムで表す。
  3. 3.板及びコイルの質量の計算方法は、表示の寸法及びめっきの付着量によって表8による。

表4 厚さの許容差(熱延原板を用いた場合)

単位:mm

表示厚さ
一般用 構造用
1000未満 1000以上
1250以下
1250以下
1.60以上 2.00未満 ±0.17 ±0.18 ±0.20
2.00以上 2.30以下 ±0.18 ±0.20 ±0.21

表5 厚さの許容差(冷延原板を用いた場合)

単位:mm

表示厚さ
630未満 630以上
1000未満
1000以上
1250未満
0.25以上 0.40未満 ±0.05 ±0.05 ±005
0.40以上 0.60未満 ±0.06 ±0.06 ±0.06
0.60以上 0.80未満 ±0.07 ±0.07 ±0.07
0.80以上 1.00未満 ±0.07 ±0.07 ±0.08
1.00以上 1.25未満 ±0.08 ±0.08 ±0.09
1.25以上 1.60未満 ±0.09 ±0.10 ±0.11
1.60以上 2.00未満 ±0.11 ±0.12 ±0.13
2.00以上 2.50以下 ±0.13 ±0.14 ±0.15

表6 相当めっき厚さ

単位:mm

めっきの付着量表示記号 AZ90 AZ120 AZ150 AZ170
相当めっき厚さ 0.033 0.043 0.054 0.062

表7 質量の計算に用いるめっき量定数

めっきの付着量表示記号 AZ90 AZ120 AZ150 AZ170
めっき量定数 0.120 0.160 0.200 0.230

表8 質量の計算方法

単位:mm

計算順序 計算方法 結果のけた数
原板の基本質量 kg/mm・m2 7.85(厚さ1mm・面積1m2
原板の単位質量 kg/m2 基本質量(kg/mm・m2)×表示厚さ(mm) 有効数4けたに丸める
めっき後の単位質量 kg/m2 原板の単位質量(kg/m2)+めっき量定数 有効数4けたに丸める
板の面積 m2 幅(mm)×長さ(mm) ×10-6 有効数4けたに丸める
1枚の質量 kg めっき後の単位質量(kg/m2)×面積(m2 有効数3けたに丸める
1結束の質量 kg 1枚の質量(kg)×同一寸法の1結束内の枚数 kgの整数値に丸める
総質量 kg 各結束質量(kg)の総和 kgの整数値
コイル コイルの単位質量 kg/m めっき後の単位質量(kg/m2)×幅(mm)×10-3 有効数字3けたに丸める
  1コイルの質量 kg コイルの単位質量(kg/m)×長さ(m) kgの整数値に丸める
  総質量 kg 各コイルの質量(kg)の総和 kgの整数値

備考
1.結束質量が指定された場合の板枚数は、指定質量を同一形状、同一寸法、同一付着量ごとに板1枚の質量で除して求め、整数値に丸める。
2.波板の面積の計算に用いる幅寸法は、波付け前の寸法による。
3.数値の丸め方は、JIS Z 8401(数値の丸め方)による。

ページトップへ