人びとのいのちを守るために 商業施設の地震対策

全16店舗が連なる池袋エリアのランドマーク

東京都豊島区の池袋エリアにあるグランドスケープ池袋。建物は地下2階〜地上14階で、シネマコンプレックスやバッティングセンター、ショッピングやカフェ・レストランなど全16店舗が連なる複合商業施設となっています。

なかでも施設の地上4階〜13階部分を占めるシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」は、常設の映画館としては国内最大になる大型スクリーンを備えた「IMAX®レーザー/GTテクノロジー」シアターや、体感型アトラクションシアター「4DX with ScreenX」などを含む全12スクリーン・2443席を擁しており、最新鋭でクリエイティブなサービスが話題となっています。

耐風圧性能を付加した地震対策

多くの人々が訪れる複合商業施設であることから、エントランスの天井には地震対策が導入され、『耐震FullPower天井』が採用されました。室外空間のため、耐風圧性能も付加した耐震天井となっています。

導入に関する情報

建物構造
鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
工事時期
2017年~2019年
導入した製品
耐震FullPower天井

物件情報

施設名:グランドスケープ池袋
場所:東京都豊島区
https://grandscape-ikebukuro.jp/

関連する導入事例