天井の地震対策で、これからも市民から親しまれる空間へ

多くの市民、県内外の方も利用する施設

日本一の大河信濃川の東側に位置する劇場で、市民、そして県内外の団体・企業の方々に親しまれています。
昭和48年に建てられてから、優れた音楽・演劇・舞踊等の「鑑賞の場」、地域の方々の文化活動の「発表の場」、長岡市民の方々や県内外の団体・企業の方々の「会議・研修の場」等として親しまれてきました。

洪水時には一時避難場所となる

洪水時の一時避難場所に指定されています。
長岡市では災害時または災害発生のおそれがあるときは、「ながおか防災ホームページ」や、携帯電話の緊急速報メール、ラジオ、テレビ、広報車などを通じて、開設される避難所が広報されます。
開設された避難所であれば、どこの避難所に避難しても構わないとされており、近隣地域に限らず、多くの方々が避難する可能性があります。

市民から親しまれ続ける、そして音響効果にも配慮した天井の地震対策

これからも長く市民の方々に親しまれる施設には、安全性の向上が欠かせません。
そこで、特に多くの方々が集まる大ホールには、天井の地震対策が望まれました。
コンサートなどが行われることから、音響効果にも配慮し、既存天井の形状を活かせる方法が検討されました。

仕上材の重さや複雑な天井形状にも対応できる、当社の『KIRIIアングルクランプ』が採用され、技術資料やデータなどを提示させていただきました。

(写真提供:公益財団法人 長岡市芸術文化振興財団)

導入に関する情報

建物構造
鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
工事時期
2018年
導入した製品
KIRIIアングルクランプ

関連する導入事例