次世代まで続く安心・安全に向けた天井の地震対策

地域の防災に役立つ、災害時を想定した施設

観客、競技者、運営関係者など施設利用者の安全が確保される機能が整備されました。
また地域の防災性向上の観点から、東京都帰宅困難者対策条例、新宿区地域防災計画などが踏まえられ、防災機能が整備されています。

都会の中にある国立競技場は地域の防災力を向上させている

建物内部の安心・安全に向けて採用された、天井の地震対策

施設の設計では、地震などの災害を考慮した構造設計とともに建物内部の対策も行われました。 特に天井は、これまで日本各地で地震による落下と甚大な被害が報告されていることから、試験データなどの技術資料をもとに対策方法が検討されました。
当社はこれらの情報や資料、これまでの知見を提供しています。

安心・安全の実現による施設と街の持続可能性に、天井の地震対策、そして当社の技術が貢献しています。


※掲載している国立競技場の写真2点は、大成建設株式会社より提供を受けたものです。

物件情報

施設名:国立競技場
場所:東京都新宿区
https://www.jpnsport.go.jp/kokuritu/

関連する導入事例