放射状のデザインを実現させた天井の地震対策

東京のまちを一望できる南展望室

東京都新宿区にある東京都庁は、地上48階、地下3階建ての建物です。 その45階部分にある南展望室からは、地上202メートルの高さから東京のまちを一望することができます。 スカイツリーや東京タワーはもちろん、空気の澄んだ天気の良い日には富士山も確認できます。 展望室には無料で入場でき、カフェや自由に使えるピアノ、VR望遠鏡も設置されているため、人気の観光スポットになっています。

告示771号対応耐震天井で特定天井の地震対策

放射状の天井には、特定天井へ適合した『新耐震FullPower天井』が採用されています。 平成25年国土交通省告示第771号に規定されている構造方法に基づいた設計が可能な工法です。 設計時のポイント、納まり図等は『インテリアカタログ』に掲載しておりますのでご覧ください。

導入に関する情報

工事時期
2018年
導入した製品
新耐震FullPower天井

物件情報

施設名:東京都庁
場所:東京都新宿区

施主
東京都

関連する導入事例