放射状の複雑な天井形状を耐震天井にて実現

学内外の人々が使う教育・文化活動のための施設

『板橋キャンパス 小講堂 三木ホール』は、講演会や式典、催し物等に使用されています。 白でまとめられた円形の講堂内は、トップライトからの自然光と機械照明の人口光を調和された造りとなっています。

準構造耐震天井で特定天井の地震対策を実現

天井には、『準構造耐震天井・KIRIIアングルクランプ』が採用されています。 天井を準構造化することで、放射性の複雑な天井形状においても耐震化を実現しています。 設計時のポイント、納まり図等は『インテリアカタログ』に掲載しておりますのでご覧ください。

導入に関する情報

工事時期
2017年
導入した製品
KIRIIアングルクランプ

物件情報

施設名:東京家政大学
場所:東京都板橋区
https://www.tokyo-kasei.ac.jp/

関連する導入事例