お知らせ

2020年08月31日

建物の防災対策を見直す『令和2年秋季 建築物防災週間』 天井もポイントの1つ

2020年8月30日(日)から2020年9月5日(土)は『令和2年秋季 建築物防災週間』です。


『建築物防災週間』とは


火災、地震、がけ崩れ等による建築物の被害や人的被害を防止し、安心して生活できる空間を確保するため、建築物に関連する防災知識の普及や、建築物の防災対策の推進に寄与することを目的として、昭和35年以来毎年2回実施されています。


(参考)国土交通省ホームページ 報道発表資料


各自治体や団体では建物の防災対策が見直されており、天井もポイントの1つとされています。


KIRIIでは、天井の地震対策を検討される際、建物用途別・課題別といった採用動機に合わせて最適な情報を確認できるKIRII耐震天井の導入事例を公開しています。

業界でいち早く研究開発、販売し、以来シェアNo.1、日本全国10,000件以上の実績を積み上げているKIRII耐震天井の事例を、ぜひ検討にお役立てください。


 ▼ 最適な天井の地震対策の事例を施設用途別・課題別に探せます

 KIRII耐震天井の導入事例



■日ごろからの注意、点検も呼びかけられています


建築物の維持保全を適正に実施することは、思わぬ事故を防ぎ、地震や火災等の災害時の被害を軽減したり、建築物の寿命を長持ちさせることにつながるとされ、特定建築物の定期調査も呼びかけられています。

天井も対象範囲とされていますが、日ごろ隠れている天井の調査には専門的な知識が必要です。

KIRIIが組合員として加入している日本耐震天井施工協同組合(JACCA [ジャッカ])は、日本で唯一「天井耐震診断」を行っており、ホームページやお電話で問い合わせることができます。


  お問い合わせフォーム

  お電話(リンク先のページ下部に記載)

 ※いずれもJACCAホームページへリンクします




掲載されている情報は、公開日現在のものです。

その後、内容を変更している場合がありますので、あらかじめご了承下さい。