耐震 Power天井

  • 天井用
  • 耐震天井

施設の用途に合わせた天井の耐震化ができる安全性の高い天井下地工法です。

特徴

KIRII耐震天井工法 在来天井
サンプル写真01
サンプル写真02
サンプル写真01
サンプル写真02

関連データ ダウンロード

特徴

  1. 1.『KIRII耐震天井工法』

    ・パーツの補強/斜め部材(ブレース)の設置/クリアランスの確保 が必要です。
    ・天井と躯体の間にクリアランスを設け、天井の水平変位抑制のための斜め部材設置が必要です。
    ・各パーツの許容耐力はメーカー実施の試験結果から独自評価した値を採用しています。

  2. 2.改修工事にも対応可

    ・既存天井の下地材がJIS規格製品の場合、パーツの補強・斜め部材設置とクリアランス確保によって耐震改修が可能です。
    ・JIS規格のハンガーを使用するため、平天井に対応した工法です。
    ・計算書にて斜め部材の組数を算定します。ぜひお問合せください。

  3. 3.施工性抜群

    ・斜め部材1本当たり、クリップ2個の補強で耐震化が可能です。
    ・ショールームで実物をご覧いただけます。事前予約はリーフレットにご記入の上、FAXにてお申し込みください。

  • ラインアップ

    耐震 Power天井(防振タイプ)

    • 天井用

    ブレースの下部固定部に防振ブレース金具を設置することで、ブレース設置時に天井に伝わる振動を軽減することができます。

    特徴

    KIRII耐震天井工法 在来天井 防振

    閉じる

  • 仕様

    天井脱落対策の3つのポイントを満たした耐震天井工法

    国土交通省の技術的助言(国住指第2402号等)に基づき、天井と躯体との間にクリアランスを設け、天井の水平変位抑制のためのブレースを設置する天井です。
    天井の補強対策として、[1]パーツの補強、[2]ブレースの設置、[3]クリアランスの確保が必要です。
    ※天井のふところが3mを越える場合は適用できません。

    閉じる

この製品を見た人は、こんな製品も見ています