SQ-WALL2500工法(ソリーダ)

  • 壁用

倉庫業法に規定される2500N/m2の荷重に対応した振れ止め無しスタッド工法です。

特徴

倉庫業法対応 高い壁 施工性UP
サンプル写真01
サンプル写真02
サンプル写真01
サンプル写真02

関連データ ダウンロード

特徴

  1. 1.倉庫業法に対応

    ・倉庫業法(則第3条の4第2項第2号)に規定されている2,500N/?以上の積載荷重に耐える強度を有することを確認しました。
    ・載荷試験を行い、2,500N/m2で重大な損傷、変形、外れが無いことを確認しています。
    ・試験報告書は『技術資料』からご覧ください。

  2. 2.壁高さ7.5mまでの下地材として対応

    ・倉庫や工場、マンションやオフィスビルのエントランスホールに適した工法です。
    ※壁高さによってSQ-BARのピッチが異なります。詳しくはリーフレットにてご確認ください。

  3. 3.振れ止め無しで施工性UP

    ・試験にて性能を確認しているため、振れ止めは必要ありません。これにより、施工効率UPと全体工期の短縮に繋がります。
    ・ALC工法で検討されている場合、せっこうボード貼になることで意匠性へのアプローチや設備設計の自由度が広がります。

  4. 4.耐火構造工法にも対応

    せっこうボードメーカーが取得している各種耐火認定工法と組み合わせることが可能です。
    また、強化せっこうボード21mm片面2層張りの耐火認定工法を想定した試験体にて載荷試験を行い、2,500N/?で重大な損傷、変形、外れがないことを確認しています。
    詳細の内容につきましては、別途お問合せいただくか、せっこうボードメーカーへご確認ください。

  • 仕様

    概略図およびご注意点

    【採用上のご注意点】
    ・ 倉庫業法に対応する仕様は、概略図および部材一覧に示したものです。
    ・ その他ご不明な点については、各支店やお問合せ窓口にお問合せください。
    ※2 壁高さが6.5mを超える際は、SQ-BARのピッチが182mmになります。

    【施工上のご注意】
    ・ SQ-BARの長さは高耐力ランナー底部との隙間が原則10mm以内※3となるようにして下さい。
    ・ 高耐力ランナーを取り付ける躯体部分は、十分な耐力及び剛性を有するものとして下さい。
      電気配線等でSQ-BARに貫通孔を開ける際は、孔径や孔数、位置などの制限を標準図でご確認下さい※4。
    ・ 詳細は標準図面集をご参照ください。
    ・ 本工法は監理者の承認のもと施工して下さい。
    ・ 施工上の注意点を考慮して施工計画書を作成の上、安全性に十分に配慮して施工してください。
    ※3 耐火認定などの利用時は、各メーカーの認定仕様をご確認下さい。

    閉じる

  • 技術資料

    閉じる

この製品を見た人は、こんな製品も見ています